会社情報


行動計画

一般事業主行動計画
社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図りやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。
  1. 計画期間
  2. 2020年4月1日~2025年3月31日
  3. 内容
  4. 労働の効率化により生産性を高め、有給休暇の取得と労働の多様化を実現し、ワークライフバランスを充実させます。
    《計画》
    ●2020年度
    • 残業時間月45時間以内
    • 年次有給休暇取得率年間50%以上
    • テレワーク制度のトライアル導入
    ●2021年度
    • 残業時間年間360時間以内
    • テレワークの本格実施
    ●2022年度
    • 完全週休2日制へ移行
    ●2023年度
    • 短時間正社員制度の導入
    ●2024年度
    • 年次有給休暇取得率80%以上
  5. 過去の「一般事業主行動計画」
  6. 【第1回 2010年8月~2015年3月】
    《目標》 育児・介護に関わる諸制度について従業員周知を図る。
    《実施結果》 社員向け「仕事と『出産・育児・家族の介護』の両立応援ガイドブック」を作成、配布
    【第2回 2015年3月~2020年3月】
    《目標》 残業時間の短縮と、有給休暇の取得推進施策を実施することで、生産性をあげ、物心両面の幸せを目指す。
    《実施結果》 ・ノー残業デーを設定
    ・半日有給休暇取得の導入
    ・誕生日有給休暇の導入
    ・シーズン有給休暇の導入


│ サイトマップ │ 個人情報保護方針 │ 個人情報の利用目的 │
│ 反社会的勢力に対する方針 │ 個人情報の共同利用について品質・環境方針
Copyright(C)2011 FUJITA Group All rights reserved.

TOP






会社概要

  • 代表挨拶
  • 会社概要
  • 事業概要
  • 行動計画

  • 行動計画

    一般事業主行動計画
    社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図りやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。
    1. 計画期間
    2. 2020年4月1日~2025年3月31日
    3. 内容
    4. 労働の効率化により生産性を高め、有給休暇の取得と労働の多様化を実現し、ワークライフバランスを充実させます。
      《計画》
      ●2020年度
      • 残業時間月45時間以内
      • 年次有給休暇取得率年間50%以上
      • テレワーク制度のトライアル導入
      ●2021年度
      • 残業時間年間360時間以内
      • テレワークの本格実施
      ●2022年度
      • 完全週休2日制へ移行
      ●2023年度
      • 短時間正社員制度の導入
      ●2024年度
      • 年次有給休暇取得率80%以上
    5. 過去の「一般事業主行動計画」
    6. 【第1回 2010年8月~2015年3月】
      《目標》 育児・介護に関わる諸制度について従業員周知を図る。
      《実施結果》 社員向け「仕事と『出産・育児・家族の介護』の両立応援ガイドブック」を作成、配布
      【第2回 2015年3月~2020年3月】
      《目標》 残業時間の短縮と、有給休暇の取得推進施策を実施することで、生産性をあげ、物心両面の幸せを目指す。
      《実施結果》 ・ノー残業デーを設定
      ・半日有給休暇取得の導入
      ・誕生日有給休暇の導入
      ・シーズン有給休暇の導入



    Copyright(C)2011 FUJITA Group All rights reserved.

    TOP